【アフィリエイトで記事が書けない?】突破口は7つ!

アフィリエイトその他
この記事はこんな人に向けて書いています

💗「アフィリエイトで思うように記事が書けない。」

💗「10記事くらい書いたけど行き詰ってる。」

💗「どうすればスラスラと記事が書けるのか教えて!」

社畜男子
アフィリエイトを始めたけど、思うように記事が書けない、、汗
eisuke
いきなり記事をスラスラと書ける人なんていないよ!
社畜男子
何でこんなに記事が書けないんだべ?
eisuke
それには、いくつか原因があるんだよ!

 

思うように記事が書けない!(;´Д`)

 

僕だって何回も、ホント何回も、この「記事が書けない」現象に悩まされました。汗

 

・・・それでも、今では他のブログと合わせて200記事ほど書けています。

 

ということで、この記事では、

  • 記事が書けない原因と、その7つの突破口。
  • アフィリエイト記事を書く前の重要な段取り。
  • 誰でもスラスラと記事が書ける秘訣。

 

こういった流れでお話していきます。

 

もう「思うように記事が書けない」と悩むのは、今日で終わりにしましょう。

 

大丈夫です。

 

この記事を読み終えるころには、あなたもスラスラと文章が書けるようになっているはず。( *´艸`)

 

アフィリエイトで記事が書けない原因は6つ

書けない

 

どうして思うように記事が書けないのか?

 

その原因は6つあります。

アフィリエイトで記事が書けない原因
  1. 文章を書くことに慣れていない。
  2. 気負いすぎている。
  3. 知識がない。
  4. 感情がネガティブになっている。
  5. ターゲットが明確じゃない。
  6. 優先順位が低い。

 

それでは1つずつ詳しく、いっしょに考えていきましょう!

 

【原因1】文章を書くことに慣れていない

そもそも文章を書くことに慣れていないと、記事なんて書けるはずがないですよね。汗

 

あなたはアフィリエイトを始める前に、文章を書く機会なんてあったでしょうか?

 

おそらく本格的に書いたのは、学生時代に書かされた作文が最後だったのではないかと思います。

eisuke
本格的といっても、僕はめちゃくちゃテキトーに書いていましたが。(笑)

 

ただでさえ、これまで文章を書く機会がほとんどなくて、不慣れな作業なのに、

いざ「記事を書こう」としても、思うように進まないのは当然です。汗

 

しかもアフィリエイト記事で書くべきなのは、そんな主観的な作文じゃなく、

あくまで主役を読者さんに委ねた相手目線の文章です。

 

頭では伝えたいことが分かっていても、文章となると難しいもの。( `ー´)ノ

記事が書けない原因1

文章を書くことに慣れていないから。

 

【原因2】気負いすぎている

これは作文ではいけないからこそ、気負いすぎて記事が書けなくなっているパターンですね。

 

例えば、

  • 読者さんに分かりやすく書かなきゃ!
  • SEO1位を取らなきゃ!
  • 完ぺきに仕上げなければ!

 

こんな感じで、シビアになればなるほど、手が止まってしまうことが僕にもありました。

 

でも、実際3か月くらいしないとSEOの順位だって分からないし、あとから見直すと修正点ばかり見つかるもんです。汗

eisuke
60点くらいの完成度で、まずは世に公開するイメージでOK!

 

まずはデータをとって、少しずつ100点に近づけていきましょう!

 

特にアフィリエイト初心者が、いきなりSEO1位をとるのは現実的にきびしいですからね。

記事が書けない原因2

気負いすぎているから。

 

【原因3】知識がない

あなたが発信するジャンルの基礎知識がなければ、情報を発信していくブログの記事は書けるはずがありません。

 

例えば、男性の方で「脱毛が稼ぎやすい」と聞いて知識がないのに記事を書こうとしても、

  • 誰かが書いた記事をパクるだけ。
  • 経験がないから説得力のある記事も書けない。

 

すべての情報を、いちいちネットで調べながら記事を書いていくのは・・・

正直しんどいでしょ?、( `ー´)ノ

eisuke
逆に経験があれば自然と知識も身についているから、独自性のある記事が書きやすいと思います!

 

なので、初心者に教えれるくらいの基礎知識は最低でも必要だといえますね。

記事が書けない原因3

知識がない。

 

【原因4】感情がネガティブになっている

アフィリエイトを始めて、毎日記事を書いているのに、誰からも読んでもらえない。

 

そんな状態が続くと・・・

  • 毎日ブログ書く意味があるんだろうか?
  • やっぱりアフィリエイトで稼ぐのはムリなんじゃないか?
  • 自分には才能ないかも?

 

最初は「絶対に稼ぐ」とモチベーションも上昇しているから、記事も書けるんですが、

思うような成果が出ないと、こんな感じにネガティブな感情が沸いてきます。汗

 

こんな状態のときに記事を書こうとしても、「どうせ書いたってムダだし」と文章だって思いつかなくなることも。( `ー´)ノ

 

僕も、この理想と現実のギャップに苦しめられて、記事の更新がストップしていた時期がありました。

記事が書けない原因4

感情がネガティブになっているから。

 

【原因5】ターゲットが明確じゃない

その記事は「誰に」「どんなことを」伝えるための記事なのか?

 

つまりターゲットが決まっていないと・・・記事を書いている途中で、話が脱線してしまって、

「結局なにを言いたかったんだっけ?(;´Д`)」となってしまいます。

 

「記事が書けない」と悩んでいる人のなかには、日記のような自己満足な記事を書いている人も多いです。汗

eisuke
あとは価値観を語ったりとか!

 

ブログは誰かの悩みを解決するために書くものです。

 

だからこそ、「この記事を読んでくれる人は何に悩んでいるか?」ターゲットをはっきりさせましょう!

記事が書けない原因5

ターゲットが明確じゃないから。

 

【原因6】優先順位が低い

副業でアフィリエイトをやるなら、作業できる時間はホント限られていると思います。

 

その本業以外の時間で、「記事を書く作業」の優先順位は、あなたの中ではどのくらいでしょうか?

 

例えばアフィリエイトよりも、

  • 趣味の時間のほうが大事。
  • 記事を書くのは、ゆっくりテレビを見てから。
  • デートが終わってからにしよう。

 

つまり「記事を書く」という行動の優先順位が低いことで、

「今日は時間がないから記事が書けないや」と、つい後回しにしてませんか?、汗

eisuke
正直にいって片手間で稼げるほど、アフィリエイトは甘くありません、、

 

もちろん、作業できる時間は人それぞれです。

 

でも生活習慣のなかで、記事を書く優先順位をできるだけ上げていく必要はあると思います。

記事が書けない原因6

優先順位が低いから。

 

【記事が書けない】の突破口7つ

突破口

 

ここまでは、「なぜ記事が書けないのか?」

 

その考えられる原因をお話してきました。( *´艸`)

 

おそらく、あなたにも当てはまるものが、いくつかあったんじゃないかと思います。

それでは、ここからは「記事が書けない・・・」 そんなときの突破口7つをお伝えしていきます!

アフィリエイトで記事が書けないときの突破口
  1. 毎日とにかく記事を書く。
  2. すごい記事を書こうとしない。
  3. 自分のお決まりをパターン化する。
  4. インプットする。
  5. 長期的な視野をもつ。
  6. 「誰に書くか?」を明確にする。
  7. 本業のつもりで取りくむ。

 

 

【突破口1】毎日とにかく記事を書く

例えば仕事であっても、最初は慣れないことばかりで疲れるし、ミスをすることだってあると思います。

 

でも、その状態って、いつまでも続くわけじゃないですよね?

 

仕事すればするほど少しずつ慣れていくものです。

eisuke
どうして慣れるんでしょう?

 

そう、毎日しているからです。( *´艸`)

 

文章を書くことに慣れていないなら、単純に毎日ひたすら記事を書けばいいんです。

 

1000文字書けるようになれば、2000文字だって書けるようになります。

 

最初は下手くそでも問題ないし、はじめから文字数などを気にする必要はありません。

 

文字数を意識するのはある程度、慣れてきてからで十分です。

アイキャッチ画像

【調査結果あり!】アフィリエイトブログに最適な文字数は?

アフィリエイトブログに最適な文字数は?

 

なので、毎日ガムシャラに記事を書いて、まずは文章を書くことに慣れていきましょう!

これは「毎日記事を更新しましょう」ということではありません。

1記事に2~3日かかってもいいから、とにかく毎日「文章を書く作業」をするという意味です!

 

記事数を意識するあまり、質がおろそかになっては本末転倒です。

 

耳の痛い話ですが、僕は1度「記事の毎日更新」を目標にして失敗しています。汗

アイキャッチ画像

【体験談あり】アフィリエイトブログは記事数を意識するな!

アフィリエイトブログは記事数を意識するな!

 

【突破口2】すごい記事を書こうとしない

例えばプロのライターが書いたみたいな、すごい記事なんて書けなくてもいいんですよ。

 

というか初心者が、いきなり書けるはずがないですからね。

 

こうして気負いすぎて記事が書けない人もいますが・・・

すごい記事を書こうとすると、当たり障りのない文章になってしまいがちです。( `ー´)ノ

 

もし、こんな文章になっているなら注意しましょう。

  • 詳しい人じゃないと分からない専門用語が多い。
  • 口調が堅苦しくて人間味がない。
  • 例え話が分かりにくい。

 

「自分を賢く見せたい!」という人に限って、かっこつけた言い回しなどで自分に酔っています。汗

 

つまり、誰でも分かるような記事じゃないと読者さんは「なんか難しそう、、」と思って、ページを閉じてしまうんです。

 

だから目指すべきなのは、すごい記事でもないし、読者さんが求めているのもそんなことじゃないんです。

 

あなたの個性を読者さんは求めているんですよ。( *´艸`)

eisuke
辞書みたいな記事なんて読んでも退屈でしょ?

 

なので、まずブログでは、記事であなた自身をどんどん売っていきましょう!

 

すごい記事を目指すのは、その後です。

 

【突破口3】自分のお決まりをパターン化する

「毎日とにかく記事を書いて慣れよう」と先ほどお話しましたが、

そこで考えるべきなのは、自分の記事のお決まりをパターン化することです。

 

記事を書けなくなっている人は、だいたい1文字目を書く記事の冒頭でつまずいていると思います。

 

逆に記事の冒頭をクリアすれば、そのあとはスムーズに記事が書けるはず。( *´艸`)

eisuke
自分のお決まりの冒頭文を確立しましょう!

 

それは稼いでいる人のブログを参考にするなど、方法はたくさんありますが・・・

せっかくなので、僕のお決まりのパターンを紹介しましょう。( *´艸`)

 

少しでも参考になれば幸いです!

 

僕の場合は、

まず記事の冒頭でこんなふうに
  • 読者さんの悩みを明確にする。
  • いきなり結論を伝えたり、問題点を投げかける。
  • 「自分はどんなことをしたか?」伝える。
  • この記事を要約を見せる。
  • 記事を読むメリットや、読み終えたあとのベネフィットを伝える。

 

そして本文は結論をできるだけ早く伝えて、次に詳細の説明、そのあとは潜在ニーズを満たすような構成。

 

ほとんどが、このパターンで記事を書いています。

 

自分のお決まりを確立することで、少しでも記事がスムーズに書けるようになりますよ。( *´艸`)

 

【突破口4】インプットをする

今は無料でネットやSNSなどでカンタンに情報収集ができる時代です。

 

「知識不足」だと感じるなら、どんどん知識をインプットしていきましょう。

 

ブログ歴16年の中島大介さんもブログを書くならそのジャンルの「本を20冊くらい読む」ことを推奨されています。

eisuke
お金はかかりますが最高の自己投資になるでしょう!

 

そしてインプットした知識を記事に書いてアウトプットするイメージですね。

 

これで、あなたの知識も増えて、ブログの記事数も増えて一石二鳥です。(*´ω`*)

 

僕もこれまでアフィリエイト・文章・SEOなどの本や教材などをたくさん読んできたし、

トップアフィリエイターのブログにも何回も目を通してきました。

 

ノウハウコレクターとなってた時期もありましたが、そのときにインプットした知識が今では役に立っていると感じてます。

【突破口5】長期的な視野をもつ

アフィリエイトで稼げるようになるには最低でも半年から1年以上はかかります。

 

特に今のGoogleは、「より時間をかけてブログを評価しているな」というイメージです。

 

つまり稼ぐまでは、めちゃくちゃタイムラグがあるんですよ。(;´Д`)

eisuke
いま書いている記事が活躍をしてくれるのは数か月後!

 

・・・それを頭では分かっていても、記事を書き続けるのって、想像以上にしんどいですよね。汗

 

でも、「いつ稼げるんだ~」ってネガティブな感情があると、どうしても記事が書けないもんです。

 

なので、目先の利益を考えるんじゃなくて、長期的な視野をもっていきましょう。( *´艸`)

  • 1年後には今よりブログも育っているはず。
  • 続ければ3年後には、まとまった金額を稼げている。
  • 自分のスキルがどんどん上がっている。

 

こういう未来に目を向けたほうが、少なくとも記事を書くモチベーションが上がるはずですから。

 

毎日ちょっとずつ成長していきましょう!

 

【突破口6】「誰に書くか?」を明確にする

先ほどお話したターゲットが明確だと記事が書きやすくなります。

 

巷では「ペルソナを設定しましょう!」なんて言われていますが・・・

そんな架空の人物をイメージしたところで、本当に刺さる文章が書けるでしょうか?、汗

eisuke
他人どう思っているかなんて誰にも分かりません!

 

ではどうするのかというと、過去の自分に向けて書くことを意識するんです。( *´艸`)

 

実は僕の場合ですが、アフィリエイト初心者だったときの自分に教えてあげるつもりで記事を書いているんですよ。

 

だって、自分が悩んでいたことなら、より的確な解決策が分かるし相手の気持ちだって痛いほど分かるでしょ?

 

ちなみに、この記事のターゲットは、

アフィリエイトを始めたけど「記事が書けない」と悩んでいた、かつての僕です。

 

そのときの自分の気持ちを思い出して、

  • 「なぜ記事が書けないのか?」原因を自覚してもらい。
  • 「こうすればいいよ!」と突破口を伝える。

 

当時の僕が読んだら「なるほど、そういうことか!」と感じると思います。

 

そして、まさにいま同じことで悩んでいる、あなたにもこうして読んでいただけてますね?

 

なので「こんなことで悩んでいたのは自分だけだ」なんて思わずに、どんどん情報を発信していきましょう。

 

意外にも、過去の自分と同じ悩みをもっている人は多いものです。( *´艸`)

 

【突破口7】本業のつもりで取りくむ

きつい言い方になりますが、「仕事が忙しいから記事が書けない」は言い訳です。汗

 

例えば、2時間であってもアフィリエイトに使う時間がとれないってことはありますか?

 

逆にそのくらいの時間すらないくらい働いているなら超ブラック企業ですよ。(笑)

eisuke
時間はいくらでも作れるはず!

 

もちろん本業をしながらアフィリエイトをやるのが大変だということは分かります。

 

しかし、過去の僕にも言いたいことですが、

  • 家でYoutubeを見ている時間。
  • 休日にパチンコをしている時間。
  • 上辺だけの人付きあいの時間。
  • ゴロゴロしている時間。

 

そんな時間はあるのに、それでも「時間がないから記事が書けないの?」ってことです。( `ー´)ノ

 

こういう消費する時間をなくすだけで、かなりの余裕ができると思います。

 

なので、生活のなかで「やらないこと」を決めて、あくまで本業のつもりでアフィリエイトをやっていきましょう!

 

記事を書く前の重要な段取り

段取り

 

僕が実際に「記事が書けない」という悩みを解決した突破口7つを、あなたに伝授しました。

アフィリエイトで記事が書けない突破口
  1. 毎日とにかく記事を書く。
  2. すごい記事を書こうとしない。
  3. 自分のお決まりをパターン化する。
  4. インプットする。
  5. 長期的な視野をもつ。
  6. 「誰に書くか?」を明確にする。
  7. 本業のつもりで取りくむ。

 

これを参考に、あなたがガンガン記事を書いていければ幸いです。( *´艸`)

 

ではもう少し深掘りをして、ここからは、

  • 記事を書くまえの段取り。
  • アフィリエイト記事をスラスラ書く秘訣。

 

これらをお伝えしていきます!

 

【段取り1】カテゴリー分けをしておく

カテゴリーとはファイルのようにデータを分ける役割をしてくれます。

 

僕のブログでいうと、記事の下のほうにある、

カテゴリー

 

↑この部分であり、これがカテゴリーです。

 

過去の僕も含めて、カテゴリーを設定せずに記事を書いてしまう初心者は多いですが、

これを決めずに記事を書いても、ブログの方向性がぶれてしまいがちになります。汗

 

なので、あなたのブログのジャンルから4~5つを目安にカテゴリーの設定を先にしておきましょう。

 

例えば、この記事は「アフィリエイトその他」というファイルに入れる記事になります。

 

他には「アフィリエイトの始め方」について解説した記事は、カテゴリーの「始め方」に設定しています。

 

【段取り2】キーワードから潜在ニーズを把握

潜在ニーズとは、読者さんもまだ気づいていないニーズのことです。

 

この潜在ニーズを満たした記事がSEOでは評価されやすくなっています。

 

例えば、「ダイエット 痩せない 原因」というキーワードで検索をした人のニーズについて考えてみましょう。

 

それは言うまでもなく「がんばってダイエットしてるのに痩せない原因が知りたい!」ですよね?

eisuke
これが読者さんが気づいているニーズ、つまりは顕在ニーズです!

 

ここで多くの人が書こうとするのは、「あなたがダイエットしても痩せない原因3つ!」の記事タイトルで、

実際に、その痩せない原因を網羅した内容だと思います。

 

それは間違いではないんですが、読者さんが本当に求めていることは、それじゃないんです。

 

「痩せるための情報が知りたい!」が本当に望んでいることなはずです。

 

つまり原因を解説するだけでは顕在ニーズしか満たせていません。汗

 

だからこそ、原因を伝えることはもちろん、

  • 私はこういった方法で痩せました。
  • この原因で痩せない場合の対処法はこれです。
  • ダイエットに効果のある食事メニューの紹介。

 

これで読者満足度120%の潜在ニーズを満たした記事になります。( *´艸`)

 

あなたの体験談や、専門知識を伝えていくのがおすすめです。

 

【段取り3】記事の見出しを先に作る

僕は初めてブログ運営をしていたとき、見出しも作らず思いつきで文章をつなげていました。汗

 

それだと書いている途中で自分でも「何を伝えるんだっけ?」となったり、

1記事にめちゃくちゃ時間もかかって、しかも検索意図とずれた内容にもなりやすくなります。

 

なので、キーワードを選定して潜在ニーズが把握できたら、まずは見出しを完成させていきましょう!

eisuke
見出しとは本でいう目次の部分です!

 

例えば、書店にいって本の購入を検討するときって、目次を見てから判断することってありますよね?

 

それは目次を見れば、その本には「どんなことが書いてあるか?」イメージできるからです。

 

つまり、記事を書く場合なら見出しを完成させれば、その内容の9割が決まったようなもの。( *´艸`)

 

あとは、見出しに沿って文章を書いていくだけです。

 

こうすれば、あなたが記事を書きやすいだけじゃなく、

読者さんから見ても、見出しを読むだけで、記事の全体像をイメージしてもらえます。

 

なので、あなたが見出しを決めるより先に文章を書いているなら、騙されたと思ってやってみてください。

eisuke
穴埋めみたいな感じで記事が書けますよ!

 

アフィリエイト記事をスラスラ書く秘訣

秘訣

 

では最後に、記事をスラスラと書くための秘訣をお伝えして終わりたいと思います。

 

どうしても記事が書けないときに試してみてください。( *´艸`)

 

その秘訣は2つです。

 

【秘訣1】テンプレートを使う

「文章が思いつかないから記事が書けない」ときはテンプレートを使ってしまいましょう。

 

これに沿って書くと、アフィリエイト初心者も案外スラスラと書けるものです。

 

それこそが、「PREP法」という黄金のテンプレートで、これを使って100記事を達成できたブロガーも多くいます。

PREP法
  • Point:結論。(喫煙所が満員でも路上でたばこを吸ってはいけません。)
  • Reason:理由。(条例でそういう決まりになっているからです。)
  • Examle:例。(例えば、公衆トイレが満員だからって路上でウ〇コして許されますか?)
  • Point:再度結論。(だからこそ、路上でたばこを吸うのはダメなのです。)

 

文章に慣れてなくても、自分のパターンがまだ決まってなくても、このテンプレートを使えば間違いないと思います。

 

めちゃくちゃシンプルな構成ですが、説得力のある記事を書くのには効果的です。

 

【秘訣2】自分の話し言葉で書く

僕もそうだったんですが・・・

記事が書けないときって、やたらと丁寧な言葉で書こうとしてるからってこともあるんですよね。

 

それこそ、営業マンが得意先の社長に話すような堅苦しい感じに。( `ー´)ノ

 

僕みたいにペコペコするのが苦手な性格の人なら、よけいに書けなくなりそうですね。

 

だからって友達に話すような完全なため口なら、「なんか偉そうだコイツ」と思われそうだし、、汗

  • 丁寧な言葉すぎても、人間味がない堅苦しい文章になる。
  • 友達に話すような言葉でも偉そうに思われる。

 

では、どうするのか?

 

コツとしては・・・

仲良しな先輩に話すような、あくまで普段の自分の話し言葉で書くことです。( *´艸`)

 

それなら堅苦しくもないし、偉そうな感じもない、ちょうどいい文章になります。

 

僕も記事を書くときは必ず意識していることです。

 

ここまで読んでみて、僕の文章に人間味を感じなかったり、偉そうな感じがしたでしょうか?

eisuke
もし、そんな感じがしたなら僕の実力が足りない証拠ですが、、汗

 

なので、あなたの親しい人に、直接話すように意識するだけで記事もスラスラと書けるようになっていきます。

 

【まとめ】文章は数をこなすことで上手くなる

練習

 

今回は「アフィリエイトの記事が書けない」という人に、その原因と突破口をお伝えしてきました。

 

アフィリエイトで記事が書けない原因
  1. 文章を書くことに慣れていない。
  2. 気負いすぎている。
  3. 知識がない。
  4. 感情がネガティブになっている。
  5. ターゲットが明確じゃない。
  6. 優先順位が低い。

 

アフィリエイトで記事が書けないときの突破口
  1. 毎日とにかく記事を書く。
  2. すごい記事を書こうとしない。
  3. 自分のお決まりをパターン化する。
  4. インプットする。
  5. 長期的な視野をもつ。
  6. 「誰に書くか?」を明確にする。
  7. 本業のつもりで取りくむ。

 

僕も始めのときは、なかなか思うように記事が書けませんでした。

 

しかし、数をこなすことで1000文字、2000文字と確実に書けるようになっていきます。

 

文才0だった僕にもできたので、誰でもできるようになると思います。

 

例えば、自転車だって何回も転んでケガをして、やっと乗れるようになったでしょ?( *´艸`)

 

それと同じように、まずはどんどん数をこなしていきましょう!

 

あなたの「記事が思うように書けない」悩みの解決になれば幸いです。^^

カテゴリー【目的から探す】

始め方 ブログ

初心者 やり方

稼ぐ 稼げない

サイト 広告

おすすめ 仕組み

その他アフィリ 情報商材

サラリーマンの方へ 楽に生きる